ボトックス注射はしわ・法令線・カラスの足跡・ちりめんジワに効果

ボトックス注射といえば、しわ・法令線・カラスの足跡・ちりめんジワに効果があることは広く知られており、顔にできたしわをきれいにする若返り(アンチエイジング)治療としてしられていますね。

 

ボトックス注射は効果的な場所がある程度決まっており、どのようなしわにも効果があるというわけではなく、比較的浅い表情ジワ(例えば、眉間、目尻の細かい小ジワ(カラスの足跡)、鼻の横ジワなど)を改善するのには最適な治療といわれています。

 

法令線や額の深いしわ、たるみにはヒアルロン酸注入のほうが効果があるといわれています。
ボトックスを注入することで筋肉の動きを弱めて麻痺させ、それがしわを作らせない、浅いしわを深くならないように予防する、という効果になるのです。

 

つまり、ボトックスはしわを作る動きそのものを止めてしまうわけであり、表情がなくなって能面のようになってしまったり、瞼が重くなってしまったりすることも。

 

一部分のしわがなくなれば他のしわが目立ってしまうので、調節が難しい治療なのです。

 

効果の現れ方にも個人差があり、同じ量で誰にでも同じような効果が出るというわけではなく、満足の度合いも医師のセンスや技術など「腕」次第で左右されてしまうことも多いようです。

 

効果は約1週間ほどで現れ、3〜8ヶ月ほど続くようです。

 

ボトックスの効果が無くなっても突然元に戻ることはなく、少しずつ戻ります。
元に戻ればまた追加注入することになり、このように定期注入が必要です。

ページの先頭へ戻る