二重まぶたの美容整形の方法は1つだけではありません

二重まぶたの美容整形の方法は1つだけではありません。

 

糸で縫ってラインを作るだけの、手軽な埋没法というほうほうと、まぶたを切開してからつなぎ合わせる切開法があります。

 

危険度でいえば、切開法の方が高くなります。

 

ただし、埋没法の場合は、1年ぐらいで元にもどってしまいますので、

 

毎年のようにしなければならないかもしれません。

 

そう考えると、1回の手術費用は、埋没法の方がやすくても、トータルでみると、

 

切開法の方がコストパフォーマンスは良さそうです。

 

しかし、切開した場合は、気に入らないからといっても、簡単に修正したり、元に戻したりすることはできません。

 

埋没法は、糸で縫うだけなので、微妙なラインの調整のために修正することも可能でしょう。

 

そのように考えると、最初は埋没法でやってみるほうがいいのかもしれません。

 

次に目の下のたるみの除去ですが、これもいくつかの方法があります。

 

切開して、脂肪などを取り除き、余分な皮膚を切り取る方法もありますし、

 

レーザーを使った治療や、高周波を使った治療、ヒアルロン酸注射をする治療などがあります。

 

それぞれ特徴がありますので、個人の症状に応じて、医師に相談するといいでしょう。

ページの先頭へ戻る